株式会社 和光

会社情報

ごあいさつ

〜人間性尊重で生きがい、働きがい経営〜

 企業の力の差は、人材の差です。それは社員一人ひとりがベクトルを合わせ、自主的、創造的に仕事に臨んだ時、大きな力が発揮されます。
 そのためにも弊社では、経営理念の共有の下、社内体制をバリアフリーにし、さらに社内情報をディスクローズして、人間性尊重の精神で全社員参加による 経営指針作り
(経営理念の浸透、経営戦略の策定、経営計画の実践)をして人間性尊重経営をしております。
 具体的には、経営理念「装いの美しさと心の豊かさの提供」の下、グローバルスタンダードの和と洋の生活提案をしております。
 卸売事業部(アパレルと和装部門)は、コート・バッグ・宝飾品・着物などの高級服飾品を中心に全国へ製造企画販売しております。 又、開発部門では、「和関連商品〜HANA部門」と「リサイクル着物関連商品〜和ものや傳部門」の小売販売をしております。
 その中で社員一人ひとりが自主的、創造的に明確な目標を持って共に学び合いながら仕事に生き生きと取り組んでおります。

代表取締役会長  
田中 傳右衛門

PH
現在の社屋
PH
創業当時の社屋

経営理念

1. 経営最高目標(目的理念)
装いの美しさと心の豊かさを提供します。
〜弊社は、高感度、高品質の服飾品を企画製造販売し、お客様に装いの美しさと心の豊かさを提供して参ります〜
2. 基本方針
人間が人間らしく誇りを持って働ける職場を目指して絶えず人材共育をし、
社会にお役に立てる仕事をします。

〜生き甲斐、働き甲斐を感じられる職場にしていくためにも、経営最高目標・経営方針をよく理解し、自主的・創造的に働き、
かつ共に学び合い、人間としての総合的能力の向上に努めます〜
3. 信条(行動理念)
一)謙虚な自信〜己の可能性を信じます。
二)信頼〜周りの人々の良いところを発見し、良き信頼関係をつくり上げます。
三)社会信仰〜社会正義を信じ、長期的展望に立ち、正しい行動を積み重ねます。
4. 社是
一)お互いの真の幸福を実現します。
二)信用を大切にし誠実に生きます。
三)プロとしての厳しさを自覚し、実力で勝負します。
四)経営理念・方針にそいながら自主性・創造性を大切にします。
五)よく報告・連絡・相談をし早めに準備して行動します。
六)お客様に満足していただける仕事をします。

会社概要

■社名 株式会社 和光
■所在地 〒060-0005 札幌市中央区北5条西11丁目14番地
■電話番号 代表:011-251-5295
■ファックス 代表:011-271-7301
■創業 1950年(昭和25年)11月8日
■資本金 5,800万円
■代表者 代表取締役会長  田中 傳右衛門
  代表取締役社長  田中 伸一良
■従業員 34名(2016年4月現在、契約社員含む)
■店舗
KIMONO HANA
(キモノ ハナ)
〒060-0806 札幌市北区北6条西2丁目パセオセンター B1
TEL.011-213-5087
HANA+Hana
(ハナプラスハナ)
〒060-0063 札幌市中央区南3条西4丁目1番地1 さっぽろ地下街ポールタウン内
TEL.011-221-3661
KIMONO HANA おあつらえ
(キモノハナ)
〒060-0063 札幌市中央区南3条西4丁目1番地1 さっぽろ地下街ポールタウン内
TEL.011-221-3661
■事業内容
●和装品卸売事業 全道の呉服専門店、百貨店、量販店への着物の卸売販売。
年2回行われる「和匠苑」は、北日本最大級の展示会。
●リサイクル着物事業 お客様のところで不要になった着物を買い取り、クリーニングし、販売する事業。
「和ものや傳」という名で事業展開。
●プレタ着物小売事業 仕立上がり着物の販売を主とする小売事業。
現在、「KIMONO HANA(キモノ ハナ)」を札幌駅地下街パセオで展開。
●和のライフスタイル提案事業 様々なモノ・コトを通して和の良さを伝える事業。
現在「HANA+Hana(ハナプラスハナ)」をさっぽろ地下街ポールタウンで展開。
●アパレル事業 婦人コート、宝飾品、バッグの全国高級ブティック向け製造卸売販売。
オリジナルブランドは「グレイスクラブ」。
■主要販売先 (株)札幌丸井三越、(株)東急百貨店、イオン北海道(株)、ススキノラフィラ、道内呉服専門店、全国ブティック他
■取引銀行 北陸銀行、北海道銀行、北洋銀行、小樽信用金庫、日本政策金融公庫
■イメージカラー ラベンダーカラー
■一般事業主行動計画はこちら

組織図

組織図2013

会社沿革

1950年(昭和25年) 11月8日 岩城繊維小樽市入船町に設立。 代表取締役社長に先代 田中 傳右衛門が就任。
資本金100万円社員社長以下7名。
1957年(昭和32年) 創業7周年を機に株式会社和光繊維と社名変更。 京都に仕入連絡所を開設。
1960年(昭和35年) 創業10周年記念売出し。資本金700万円に増資、年商2億2,400万円。
1964年(昭和39年) 札幌営業所を開設(北区北11西4)。
1970年(昭和45年) 現札幌社屋用地の買収。創業20周年。資本金4,500万円に増資。
1973年(昭和48年) 当社初のコンピューター(オリベッティ)導入。
1974年(昭和49年) 25周年を記念してハワイ旅行を実施。第1回札幌和匠苑を札幌プリンスホテルで開催。
1980年(昭和55年) 10月11日 創業者前社長他界。11月1日 現社長が就任。
1982年(昭和57年) 宝飾品、毛皮部門新設。
1987年(昭和62年) 宝飾品、毛皮事業部を「グレイスクラブ」とする。10月(株)きものブティック華をプリヴィにて創業。
1990年(平成2年) (株)和光へ社名変更し、中村扇雀(現坂田藤十郎)丈を招き札幌パークホテルにて40周年パーティを開催。
2000年(平成12年) 4月 開発課でアンティーク&リサイクル着物部門(和ものや傳)をスタート。
7月 (株)和光創業50周年を記念して、第51回札幌和匠苑に、松本幸四郎夫妻を御招きしてパーティを開催。
11月8日 創業50周年を迎える。
2001年(平成13年) 7月 営業部(全18名)が、シャープのノートパソコンを携帯開始。
2003年(平成15年) 1月 第56回札幌和匠苑開催。8回連続売上増を果たす。
1月 田中 伸一良、入社。NY海外研修(Parsons School of Designへ入学)。
4月 第5次コンピューター(Webパソコンと富士通サーバー)入れ替え。
6月 (株)きものブティック華を解散し、社員・商品・お客様・店舗を弊社が引き継ぎ、
「きもの工房HANA」として、小売部門を発足。
2004年(平成16年) 1月 第58回札幌和匠苑、10回連続売上高前年アップを達成。(過去最高売上2億6千万円)
11月 プレタポルテ&アンティーク着物の店「entrepÔt de HANA(アントルポ・ドゥ・ハナ)」を札幌駅パセオにて開店。
2005年(平成17年) 4月 同2号店を地下街ポールタウンにて開店。
7月 田中 伸一良、NYから帰国し、取締役営業本部長に就任。
2006年(平成18年) 5月 ホームページリニューアル。
ネット販売「和ものや傳」OPEN。
2008年(平成20年) 6月 アントルポ・ドゥ・ハナ ポールタウン店が
「HANA + Hana(ハナプラスハナ)」としてリニューアルOPEN。
2009年(平成21年) 2月 1,300万円増資し、資本金5,800万円となる。
3月 本社ビル全館の大改装工事完了。
4月 リサイクル着物 和ものや傳の直営店を本社1階にオープン。
6月 小売店舗へPOS導入。
2010年(平成22年) 4月 和装部、グレイスクラブを統合し卸売事業部を創設。
11月 創業60周年。
2011年(平成23年) 4月 コンシェルジュサービス課を創設。
4月 アントルポ・ドゥ・HANAパセオ店がKIMONO HANA(キモ ノ ハナ)パセオ店としてリニューアルOPEN。
11月 田中 傳右衛門が代表取締役会長、田中 伸一良が代表取締役社長へ就任
2012年(平成24年) 9月 オリジナルコートブランド「gc+(ジーシープラス)」を販売開始。
10月 リサイクル着物 和ものや傳の直営店をさっぽろ地下街ポールタウン店にOPEN。
2013年(平成25年) 3月 「KIMONO HANAおあつらえ」をさっぽろ地下街 ポールタウン店にOPEN。
Copyright (C) WAKOU Co.,Ltd. All Rights Reserved.