卒業式、キレイな袴の動き方。

  • 投稿日:2019.01.06
  • カテゴリ:卒業式

こんにちは!キモノハナ ポールタウン店、帽子大臣の高山です。

お正月ムードもだいぶ静まり、月曜から仕事はじめという方も多いのではないでしょうか?

私達は2日、3日に晴れ着を着ました!やっぱりお正月ムードはテンション上がりますねー!!

 

さて、最近増えているのが、卒業式に合わせての小物選び。

袴も小物もOK、ヘアと着付もOK!あとは卒業式を迎えるのみ!という方も多いですよね。

でも当日、袴姿でどうやって動いたらいいの?座ったり、歩いたり…どうすればいいの?

 

大丈夫!今日は袴で動く時のポイントをお伝えします!

 

階段を上る時

学校の階段。式場の檀上。袴で階段を上る機会は結構多いです。

袴の多くはロングスカートのような構造になっていて、そのまま上ると裾を踏んでしまう危険があります。

それを避けるために…

①袴を少しつまむ

まず、袴をつまんで裾を上げます。勢いよく上げてしまうと足が見えてカッコ悪いので、ほんの少しだけにしましょう。場所は腰のあたりが良いですね。

 

②階段を上る

裾に気を付けながら、そっと階段を上がっていきます。

 

 

椅子に座る時

会場は着席する所がほとんど。そして、ひんぱんに立ち上がる事も多いです。

座る時に裾が床についていると、立ち上がる時に踏んでしまう事があるのです。

①後の笹ひだ部分に手を入れ、内側から袴を押し上げる

笹ひだというのは、袴のサイドの事。そこから手を入れ、帯に沿うようにして袴を上にあげて下さい。そうすると座った時に崩れにくいです。

 

②座る

座った時に少しゆとりが出来ています。このゆとりがないと突っ張ってしまい、後板が下がってきやすくなります。

袴で座る時は、意識したい動作です。

 

また、振袖、二尺袖などの長めの袖で座る時は

こんな感じでお膝に乗せましょう。

そのままだと床についてしまいます。

 

洋服だと絶対にしないような動きで、動き辛さを感じてしまうかもしれません。

どうしても動きがゆっくりとなってしまいます。

でも、急がなくても大丈夫。歩きづらいのは周りも同じですし、和服だとゆったりした動きがエレガントに移ります。

優雅な動きをマスターして、楽しい卒業式を迎えて下さいね!!

 

 

 

***あなたの『なりたい』を叶える***

 

キモノハナ ポールタウン店

〒060-0063

札幌市中央区南3条西4丁目1番1

さっぽろ地下街ポールタウン内

TEL/FAX:011-221-3661

mail: a.poletown@hana-wakou.co.jp

 

**ポールタウン店のSNS**

●Facebook

ポールタウン店Facebook

●Instagram

ポールタウン店Instagram

●Twitter

ポールタウン店のTwitter

シェアはこちらから